BookLive!はTポイント利用ができる!メリット・デメリットと使った感想5つ

BookLive!アイキャッチ

BookLive!は漫画だけではなく総合的なジャンルを取り扱う電子書籍ストアです。たくさんある電子書籍ストアの中でBookLive!も気になるけど

他社サービスとの違いは?
独自のサービスはあるの?

と思う方もいるでしょう。

こちらの記事ではBookLive!の特徴について解説しています。具体的には

  • どのようなサービスなのか
  • メリット・デメリット
  • 実際に利用した感想

他社電子書籍ストアも利用したけれど、毎日できるクーポンガチャが楽しくてBookLive!をメインで使っている私が解説しています

5分くらいで読める内容で、後半ではよりお得に利用する技も紹介しています。BookLive!の魅力に触れて貰えたら嬉しいです。

※この記事の内容は2019年10月現在の情報です。

\登録は簡単1分/

公式サイト:BookLive!を無料で試してみる

BookLive!(ブックライブ)とは?国内最大級の電子書籍ストア

BookLive!は国内最大級の書籍ストアです。漫画とラノベに強くで毎日配信がありますがそれだけではありません。ジャンルは以下の通り幅広い取り扱いがあります。

品揃えも76万冊以上と国内サービスではトップクラスです。他社サービスと比較して下の表にまとめました。

サービス名 品揃え
BookLive! 76万冊以上
ebookjapan 58万冊以上
楽天Kobo 300万冊以上
honto 70万冊以上
Reader Store 60万冊以上

総合的に本を取り扱っていて冊数も他社と比較しても豊富なので、1つの電子書籍ストアですませたい人にはピッタリです。

\サクサク探せる/

公式サイト:BookLive!で色々な本を探してみる

BookLive!の運営会社


BookLive!の運営会社は株式会社BookLiveで印刷会社では2強とよばれる凸版印刷の子会社です。

そしてTSUTAYA、東芝、日本電気、三井物産の出資を受けています。

電子書籍サービスを選ぶときの不安点として、サービスが終了して購入した本が読めなくなることがあげられます。

BookLive!であれば地盤が安定しているので、安心して長く利用できますね

BookLive!とBookLive!コミック(ブッコミ)は別サービス


BookLive!とBookLive!コミック(ブッコミ) は同じ会社が運営していて名前が似ていますが別のサービスです

公式サイトにも記載がありますが、アカウントやポイントの共有はできません

なお、総合電子書籍ストアBookLive!とは別サービスのため、「BookLive!」のアカウントでのご利用や、保有ポイントのご利用などはいただけませんので、ご注意ください。 引用元:BookLive!コミック公式サイト

BookLive!コミック(ブッコミ) は漫画に特化していて支払い方法も324円からの月額制です。

BookLive!コミック(ブッコミ) は次で解説するBookLive!の3つのメリットに登場するTポイントには対応していません

公式サイト:BookLive!でTポイントを貯める

BookLive!の3つのメリット


こちらではBookLive!の3つのメリットを

  1. Tポイントが利用できる
  2. クーポンが入手しやすい
  3. 会員登録が無料で無料作品も1万冊以上

の順番に解説します。

①Tポイントが利用できる

日常で貯めやすいTポイントが利用できるのは嬉しいポイントです。もちろん使う・貯める両方に対応しています

Tポイントは加盟店が多いので貯めやすく使いやすいですよね。Tポイントが利用できる電子書籍サービスは数ある中でもBookLive!とebookjapanだけです。

②クーポンが入手しやすい

クーポンガチャ

毎日1回ガチャを回してクーポンを手に入れられます。ガチャを毎日引けるのは数あるサービスの中でもBooklive!だけ

クーポンが気に入らなけばSNSや友だちにシェアすると何度でもひきなおせます。使い道に迷ったら公式ページにクーポンごとのおすすめ作品特集もあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

内容は1冊50%オフや、マンガ15%オフなど色々あります。私が嬉しかったのは新刊にも使える25%オフクーポンです。

しかしBookLive!にはそもそも無料で読める本も沢山あります

③会員登録が無料で無料作品も1万冊以上

BookLive!は会員登録無料です。無料で読める作品も1万冊以上でジャンルもマンガだけではなくラノベや文芸・小説、ビジネスまで幅広く取り揃えています。

昔の作品だけではなく話題作が期間限定で無料の時もあるので見逃せません。

BookLive!公式サイトで無料作品をもっと探してみる

BookLive!の3つのデメリット

bookliveデメリット
メリットがあればデメリットも必ずあるもの。ここではBookLive!の3つのデメリット

  1. BookReaderの機能は必要最低限
  2. ポイント還元の還元率が低い
  3. クーポンを利用しないと割高

を解説します。

①BookReaderの機能は必要最低限

BookLive!の本を読むためのアプリBookLive!Readerはシンプルで使いやすいです。ただシンプルゆえに機能が必要最低限と感じるかもしれません。

BookLive!Readerの機能は以下の通りです。

しおり
マーカー
メモ
夜間モード
鍵付き本棚
自動ページ送り ×
縦読み
ダウンロードしながら読書 ×
アプリから書籍購入 ×

以前気になる点として声があがっていた、縦読みには2019年7月24日から対応しています

自動ページ送りや読みながらダウンロードには対応していないため、これらの機能を求めている人には物足りないでしょう。

待望の縦読みができるようになりましたし、アプリは本さえ読めれば大丈夫な人にとってはシンプルで使いやすいと言えます。

②ポイント還元の還元率が低い

ポイントの還元率は全員0.5%スタートです。他社サービスですと1%が多いのでBooKLive!のポイント還元率は低くいと言えます。

ただ2,000円以上利用すれば他社と同じ、5,000円以上利用する人は還元率が2倍になります。

月々5,000円以上電子書籍を購入するならば断然お得ですね

会員ランク ランク判定条件 付与率
オレンジ BookLive! 会員であること 0.5%
シルバー 前月の累計購入金額が2,000円(税込)以上 1%
ゴールド 前月の累計購入金額が5,000円(税込)以上 2%
プラチナ 前月の累計購入金額が10,000円(税込)以上 3%

③クーポンを利用しないと割高

BooklLive!は,クーポンを利用しない標準時の価格が他電子書籍サービスより割高なことがあります。通常価格で販売されているものが多いためでしょう。

もちろん本によってはBooklLive!の方が安いこともありますし、毎日貰えるクーポンを使えば確実にお得になりますよ!

クーポンはガチャで貰えるので、見るだけで楽しい気分に。手間や面倒くささを感じませんよ

次に私がBookLive!を使ってみた感想です。

\毎日無料でガチャがひける/

公式サイトでBookLive!のクーポンガチャをひいてみる

私がBookLive!を実際に使ってみた感想5つ


使ってみた実際の声はとても気になりますよね。こちらでは私が実際にBookLive!を使ってみた感想を

  1. 紙とデジタルの連携Airbookが便利
  2. 漫画好きはポイントを貯めやすい
  3. 書店員さんのレビューが参考になる
  4. オリジナル作品に弱い
  5. サイトがシンプルで使いやすい

の順番に説明しますね。

①紙とデジタルの連携Airbookが便利

紙とデジタルの連携、Airbookというサービスが画期的です。

TSUTAYAかファミリーマートでTカードを提示して対象雑誌を買うと、買った雑誌のデジタル版がスマホやタブレットなどで読めます

200タイトル以上に対応している中の一部をご紹介しますね。

ファッション・美容
  • SPUR
  • 美的
  • an・an
  • VERY
  • GOETHE[ゲーテ]
  • MEN’S NON-NO
  • CanCam
  • ku:nel(クウネル)
趣味
  • ねこ
  • ムー
  • オレンジページ
  • たまごクラブ
  • 山と溪谷
  • BRUTUS
  • dancyu
  • サッカーダイジェスト
旅行
  • 散歩の達人
  • 女子旅行 プチセレブ
  • 函館・札幌・小樽さんぽ
  • まち歩き地図 京都さんぽ2020
  • 親子でさんぽ旅 首都圏版
雑誌は手に取ってペラペラと見たいけれど保存もしたいという人にはピッタリなサービスですね。

私は旅雑誌を買って夫に雑誌を持ってもらいながら、自分はデジタル版を利用して情報を共有しつつ旅行を楽しめたのでAirbookの使い勝手に感動しました。

②漫画好きはポイントを貯めやすい

漫画好きの方はポイントを貯めやすいですよ。

同じ株式会社BookLiveが運営している「マンガきゅんとプラス」という女性向け無料漫画サイトをご存知でしょうか?

マンガきゅんとプラスは1日1回サイト訪問で1ポイントつく上、漫画を1話読むだけで1ポイントが貰えます(1日最大6話まで)。

ポイントをBookLive!に引き継げるので、漫画を読むだけでポイントをゲット。1日7ポイントではあるものの、コツコツ貯めれば新刊でもお得に購入できますよ。IOSとAndroid、WindowsやMacでも利用できます。

さらにIOSをご利用の方でしたらコミックコンテナというアプリからもポイント引継ぎが可能です。

コミックコンテナは1日12ポイント(ログインポイント1+読書ポイント6+動画閲覧ポイント5)貰えるのでマンガきゅんとプラスと併せて利用すると漫画を楽しく読むだけで1日19ポイントを貰えます。

1ヶ月利用すれば19ポイント×30日=570円分のポイントをゲット。漫画1冊が実質無料になってお得です

③書店員のレビューが参考になる

特集のページに書店員のレビューがあり、おすすめの漫画や小説を紹介しています。

中でも電子書籍に関わること10年以上のベテラン書店員すず木さんのレビューは漫画愛が感じられて参考になります。

おすすめにはマイナーな作品も多いので新しい発見ができました。→月刊書店員すず木

また株式会社BookLiveが運営しているぶくまるというメディアも、書店員さんが本当に面白い漫画や本を紹介しています。こちらも作品愛を感じる作りこみになっていますよ。

閲覧履歴からのレコメンド機能も便利ですが、人間味のあふれるコンテンツも魅力的ですよね。

④オリジナル作品に弱い

BookLive!にはオリジナルコミックレーベル「NINO」があります。

ホラー要素やファンタジー要素が苦手な私はあまり読める作品がありませんでした。もちろん怖い作品が好きな人は楽しめますし、作品数もどんどん増えるでしょうから今後に期待です。

⑤サイトがシンプルで使いやすい

電子書籍サービスを利用するにあたって、サイトをサクサク使えるかは重要ですよね。

BookLive!のサイトは非常に軽くシンプルでジャンルも色つきのタブになっているのでスマホの小さい画面でも目的の本が見つけやすいです。

また購入から本を読み始めるまでとてもスムーズなので、ストレスなく使い続けられます。

まとめ:Tポイント&クーポン好きならBookLive!がオススメ

今回は、BookLive!の特徴やメリット・デメリット、実際に使った感想について解説しました。

BookLive!は、Tポイント&クーポン好きにはピッタリです。Tポイントは加盟店が多いので利用しやすさが抜群ですよ。毎日引けるクーポンガチャや紙とデジタルの連携Airbookなど他社にはないサービスも魅力的。

登録は無料ですし、漫画や小説も無料で読める作品がたくさんあるので1度試してみてはいかがでしょうか?

\登録は1分/

公式サイト:BookLive!を無料で試してみる